こんにちはconfident ブログでは久しぶりの登場となる林ですhappy02

最近は花粉症の症状がヤバくなってきたので

そろそろ病院に行かないと、と思ってますcoldsweats01

 

皆様は花粉症大丈夫でしょうか?大丈夫な人は本当に

羨ましい限りですcrying

 

さて本日は、house新築・リフォーム・中古住宅購入に関して

現在出ている国からの支援策を簡単にお話したいと思います。happy02

リフォームが適用とならない項目もありますが、支援策は次の四つです。

 

 

4つの支援策1

4つの支援策1

 

 

4つの支援策2

4つの支援策2

 

 

1.住宅ローン減税の控除期間が13年(新築・中古住宅取得・リフォーム)house

 

注文住宅の場合は、令和2年10月~令和3年9月末までの契約

その他の場合は、令和2年12月~令和3年11月末までの契約

 

令和4年12月末までに入居した方が対象です。

 

10年間は住宅ローンの年末残高(4,000万円を限度)の1%、

11年~13年目は

【年末残高の1%】か【建物購入価格(4,000万円を限度)の2%÷3】

のどちらか小さいほうの金額が、所得税と住民税の一部から控除されます。

 

 

 

2.すまい給付金、最大50万円(新築・中古住宅購入)house

収入に応じて現金が給付されます。最大50万円で

そこから収入に応じて区分があり、10万円ずつ下がっていきます。

対象が令和3年12月末までに引き渡しを受け、入居された方

つまりは今年の年末までなので時期に注意が必要です。

 

 

 

3.贈与税非課税枠が最大1,500万円(新築・中古住宅購入・リフォーム)house

父母や祖父母など直系尊属から、住宅取得等資金の贈与を受けた場合、

最大1,500万円まで贈与税がかかりません。

こちらは令和3年12月末までに契約をされた方が対象です。

 

 

 

4.グリーン住宅ポイント制度(新築・中古住宅購入・リフォーム)house

様々な要件や条件によって、いろんな対象商品や対象追加工事との

交換が出来るポイントがもらえます。現段階(2021年2月17日時点)では

申請方法や必要書類、交換商品などは確定していないので、これから詳しい情報が

公開されます。

期間は令和2年12月15日~令和3年10月31日までの契約が対象です。

 

 

 

以上が国からコロナの影響により落ち込んだ、

経済の回復を図るために、up延長や創設された支援策になります。coldsweats01

ただしグリーン住宅ポイントに関しては、予算が無くなれば終了となるので

必ずもらえるというわけではありません。coldsweats01

 

 

また気を付けなければならないのがその期間です。

契約やお引き渡しの時期によって適用できたりできなかったりするので

新築の場合、今年の4月までに契約ができれば、概ねすべての支援策の

恩恵を受けることが出来るのではないかと思います。happy01

 

 

 

支援策時期

支援策時期

 

 

 

その他にも国からの家づくりに関する補助金には

地域型住宅グリーン化事業、ZEH化支援事業

などもあります。

これは省エネ基準が高かったり、長持ちするような家づくり、

脱炭素化への家づくりなどに対して国が補助金を出しているものです。happy01

こちらは先の4つの支援策よりもタイミングが重要で、必ずもらえるというわけではなく、

また先のグリーン住宅ポイント制度と併用が出来ないので注意が必要です。

国からの支援策や補助金の他には、佐世保市やその他各自治体からの

助成金なども要件や条件などに当てはまれば、受けることが出来るので

チェックしたほうが良いでしょう^^scissors

 

 

 

長々とご説明しましたがcoldsweats02

何が言いたいのかと言いますと

新築やリフォーム、中古住宅の購入などの

タイミングで迷っている方がいらっしゃったら

タイミングは今かもしれません!!good

これを今回言いたかったですcoldsweats01

 

家づくりやリフォームをするのなら

少しでもお得にした方がいいと思います。happy01

折角でしたらお得な時に考えてみませんか??

 

家づくりに関するお問い合わせやご相談であれば

新築・リフォーム問わずhouse

いつでも承っておりますので、是非お気軽に

0120-26-8133

までご連絡ください^^

よろしくお願いしますgood