こんにちはhappy01いよいよ梅雨明けとなりそうで本格的な夏の到来にワクワクしている林ですlovely

 

ニュースレターなどではレポートしてまいりましたがpencil

今年10月に迫っている増税後の新築・リフォームについて

少し触れてみたいと思いますhappy01

 

sales-tax-increase-8-10-percent

 

 

増税後は消費税が2%上がるup予定なのは皆様ご承知かと思いますcoldsweats02

国も増税後に消費が落ち込まないようにいろんな対策を

“期限付き”、”予算限度付き”で講じています

今回お知らせしたい増税後の対策は

次世代住宅ポイント制度と

キャッシュレス決済による5%ポイント還元です。

 

住宅取得やリフォームにおいてhouse住宅ローンの減税や住まい給付金などは

現在も適用されていますが

増税後に大きく関係する対策がこの二つかなと思いますflair

 

 

ただ 結論から申し上げますと、キャッシュレス決済のほうはあまり関係ありません。

現在出ている情報によりますと、キャッシュレス決済によるポイント還元

介護保険適用のリフォームのみが対象でその他の新築・リフォームは対象外wobbly

とのことでした。

ですので弊社でも今のところキャッシュレス決済の準備はしないつもりです。happy01

おそらくですが、次に触れる次世代ポイントがあるので、キャッシュレス決済による

新築・リフォームは対象外なのではないのかと思います。coldsweats02

 

そして次世代住宅ポイント制度ですが、詳しい内容は下記のURL

https://www.jisedai-points.jp/

次世代住宅ポイント制度の公式HPに記載されています。

 

簡単に説明すると、新築・リフォームで家の性能に合わせたポイントを発行し

発行されたポイントに応じて、商品と交換できる制度です。

リフォームの場合、断熱改修やバリアフリー改修、家事負担軽減、

子育て世代が中古住宅を取得しある程度規模以上のリフォームを行った場合などが対象。

新築の場合は、一定の性能を有する住宅などが対象です。

また新築・リフォーム共に家事負担軽減に資する設備などもポイントを発行してくれます。

 

 

エコ住宅パース

 

 

そこで弊社が現在公開中のモデルハウスですが、BELS(ベルス)という客観的に断熱性能を

評価したものとZEH(ゼッチ)という一次エネルギの消費と太陽光などで創ったエネルギー

をプラスマイナスしてゼロ以下という両方の性能を備えた住宅の場合、

新築の上限ポイント35万ポイントを取得することができます。

 

リフォームにつきましても、条件をクリアすれば最高60万ポイント取得できるので

今リフォームや新築などで悩んでいる方はこの次世代ポイントも参考にしてみてくださいhappy01