エコカーや省エネ家電のように【エコ住宅】がスタンダードへ

「家計と環境と人」にやさしい住まいづくりをおすすめします

180820_eco01

昭和55年に制定された省エネ基準。
その後、徐々に高い基準へと改定されてきました。

省エネ基準が制定される以前と平成11年省エネ基準の年間暖冷房費を比べると平成11年省エネ基準の方が半分以下となることが分かります。

平成25年にも基準が改定され、今後はますます家のなかでエネルギーを使わない生活へと変わっていきます。

いまや自動車や家電の省エネ化は一般的です。それに続くように、毎日の生活で使うエネルギーを少なくする「エコ住宅」が増えてきています。
  
高性能な断熱材や省エネタイプの住宅設備機器を採用することにより、使うエネルギーを減らす省エネ住宅。エネルギー消費を減らすことで環境にも優しい住宅となります。

さらに「エコ住宅」はヒートショックなどの問題にも対応。   

私たちは、お財布にも人にも環境にもやさしい「エコ住宅」をご提案します。

BELS( 建築物省エネルギー性能表示制度)

180820_belsmark
国土交適省では、省エネ住宅の性能評価を分かりやすくするため「BELS」制度の導入を平成28年4月より開始。

第三者機関による検査を受けた結果、消費エネルギーの削減度合を5段階で評価した「BELS」の導入により、省エネに対する住宅性能を客観的に評価することができるようになりました。

タクミホームにおいてもこの「BELS」の認定を受けた「エコ住宅」となります。

そもそも「エコ住宅」ってどんな家?

エコ住宅

そもそも「エコ住宅」とは

●通常の住宅よりも高気密・高断熱にし、太陽光など自然エネルギーを考慮した家。

●高気密・高断熱により冷暖房負荷を減らすことで、消費エネルギーを減らす、つまり省エネの家。

●消費エネルギーを減らすことで、環境にも優しい家。

●家の中の温度を過ごしやすい温度に保ちやすく、ヒートショックなどの心配に対応した家。

つまり「エコ住宅とは」
「環境に優しく生活しやすい省エネの家」
なのです。

「エコ住宅」が「体感」できる「体感館」建築中

180820_eco01

タクミホームの「エコ住宅」を佐世保市赤崎町にて建設中です。

<主な仕様>
●「BELS」5つ星取得
●ZEH仕様
●省令準耐火構造
●高性能樹脂窓(エルスターS)
●断熱材 通常のおよそ2.5~6.5倍
●太陽光パネル(7.32kw)

延べ床面積 109.30㎡(33.06坪)
土地面積  196.14㎡(59.33坪)
cb2f691311144131a3f672c89472462a

e9cea8c879d2df1059c021b4aab308ca

b17d79496a9eee88a478176f44056324

エコ住宅の快適さをぜひ体感ください。