タクミホームの新築は「夏は涼しく、冬は暖かい」

ウレタン1
新築を建てられる時には

「おしゃれな家にしたい。」
「可愛い家づくりをしたい。」
「スタイリッシュな空間にしたい。」
「過ごしやすい快適な家にしたい。」
「高性能な家に住みたい。」
「自然素材の家に住みたい」

などいろんなご要望を持たれながら家づくりが始まると思います。タクミホームの家づくりは自由設計の注文住宅ですので、デザインなどのご要望には柔軟に対応いたします。もちろんこちらからもいろんなご提案もさせて頂きます。

快適な生活や高性能な家づくりに欠かせないものは、「断熱性能」です。佐世保市の建築会社それぞれ特徴がありますが、
タクミホームの新築の一番の特徴はこの断熱性能で、それを実現しているのが、特許取得の「ウレタン遮熱工法」
ローコストながらもハイクオリティな住宅を実現しているのがこの工法といっても過言ではありません。



「アルミの遮熱+ウレタンの断熱」ココが他社と違います

ウレタン2
発泡ウレタンを断熱材として使用すると、気密性が高くなり耐水性や
遮音性も高まります。ですので佐世保市にある建築会社でもウレタンを
断熱材として使用しているところは少なくありません。


しかし弊社が他社と一番違うところは、特定のアルミの遮熱シートと
組み合わせて施工しているところです。


このアルミのシートは遮熱性能がとても高く、太陽からの電磁波などを95%反射してくれます。イメージとしては、夏の車の窓に銀色のシートをすると車内の温度上昇が軽減されますよね。これと同じようなことを住宅で行っているのです。
アルミのシートは厚みが4mmあり、アルミのシートとシートの間に梱包税のぷちぷちのような空気の層を入れています。それにより
さらに熱を伝えにくくし、断熱性能を高めています。このアルミのシートを建物の天井と壁にぐるりと巻き付け固定し、内側から
発泡ウレタンを吹き付けています。

昔ながらの住宅では、グラスウールといったフワフワしたダウンのようなものが断熱材として使用されることが一般的でしたが、
それでは冬を暖かく過ごせても、夏も熱くなってしまい、九州地方のように比較的暖かい地方においてはあまり向いてない断熱材
でした。

しかし、このアルミのシートと発泡ウレタンの中でも断熱性の高い30倍ウレタン発泡を組み合わせて施工することにより、
気密性・断熱性が高まり、夏は涼しく冬は暖かい家を建てることができるようになりました。

グラスウールを断熱材とした場合のイメージ図
ウレタン遮熱工法を断熱とした場合のイメージ図
wingaterogo1

グラスウールとウレタン遮熱工法を比較した実験結果

グラスウールとウレタン遮熱工法を比較した実験(冬)
グラスウールとウレタン遮熱工法を比較した実験(夏)
ウレタン遮熱工法の断熱性能を知る方法として、グラスウールで断熱をした住宅とウレタン遮熱工法で断熱をした住宅を比較した実験データがあります。冬と夏において冷暖房はOFFの状態で、室内の温度が外部の気温にどのように影響されるかという実験をしたものです。


グラスウールは冬においても夏においても、外気温に大きく影響されることが分かります。一方ウレタン遮熱工法は外気温の影響を
受けにくいため、一日を通して室内の温度差が少ないという結果がでました。


この結果、室内の温度を維持する能力が高いことが分かります。これは室内で冷暖房を付けた時も、その温度を維持する性能が
高いので快適に過ごすことができ、光熱費も節約できるということなのです。
フリーダイヤル0120-26-8133